ホーム>ボディーコーティング

ボディーコーティング

ガスグラスプライマー

今までにない新しいプライマー処理です!

ガスグラスプライマー(GGP)とは別名イトロ処理と言い、今までにない新しいプライマー処理です。
従来のコロナ・プラズマ処理とは大きな特徴の違いが有り、どんな基材に対しても瞬時にSio-2の酸化ケイ素膜を形成し、接着・塗装・印刷などの密着性能を著しく上げる事が可能です。

TTクリアーカーボディコート

中距離黒TT
近距離白TT
近距離銀TT
TTクリアーカーボディコート4
TTクリアーカーボディコート5
TTクリアーカーボディコート6

ガラスコーティングではない、本物の塗料であるクリアー樹脂を使った補充コーティングです。高品位クリアー樹脂を塗装面に完全密着させ施工します。
塗装が最強の保護ですから、あえて本物の塗料を使用し汚れの浸食を防ぎ傷防止となり長期的に保護することが出来ます。
更に防汚力のある硬化剤+αをダブルコートします。

クリアー樹脂塗料を補充するシステム

通常のガラスコーティングのような手で塗ってクロスで拭き上げるような単純な施工方法ではなく専用マシーンと特殊パットにより塗装表面にダイレクトに
本物のクリアー樹脂塗料配合のTTクリアーをすべて塗り込んで行きます。
それは難しい技術が必要とされますが完成されたTTクリアー皮膜は重厚な素晴らしい光沢へと塗装が変化します。
メタリックやパールの場合、その粒子がはっきり見えるようになり新車の塗装とはまったく別物の輝きを放ちます。
その後、弾力性を持った粒子の皮膜を形成するウルトラバリアと硬化剤+α高濃度タイプを施工し表面に付く汚れを防止します。
施工後、洗車などにより多少入ってしまった小傷は研磨することなくTTクリアーを補充するだけで目立たなくなります。
これもTTクリアーの最大のメリットです。これも膜厚があるためできることなのです。

塗装こそが最強の保護膜なのです。

TTクリアーカーボディコート

TTクリアーカーボディコート

TTクリアーコートは塗料であるクリアー樹脂を使い研磨後の塗装に透明なクリアー樹脂皮膜を作り純正の塗装を
守ります。
防汚性はトップコートであるウルト ラバリアと硬化剤+α高濃度を施工し非常に汚れにくい表面皮膜を形成します。
通常施工後の再施工は皮膜ごとコンパウンドで削り落としてから再コーティング となりますが、
TTクリアーコートの場合は塗装を削ることなく「補充」のみで何年も綺麗な状態を保つことができます。
これはコーティングの常識を超えた「クリアー樹脂塗料」を補充するという施工方法だからできることです。
塗装のためにもコスト面でも非常に利点のあるボディー保護システムと言えます。
どんなコーティングでもメンテナンスフリーはありえませんが通常はリペアシャンプーでの洗車や
TTコンディショナーを使っての簡単なメンテナンスでOKです。
後は定期的なTTクリアー補充で何年でも綺麗をお約束します。

 

 

GLOSSLIDE(グロスライド)

GLOSSLIDE(グロスライド)は、GLOSS(艶)+SLIDE(水が流れる)を兼ね備えた従来のガラスコーティングから進化を遂げた超撥水型ガラスコーティングです。シロキサン結合にフッソを添加、更に硬化触媒に特殊金属を配合した次世代ハイブリッド型コーティングです。形成される完全無機シリカガラス被膜は3D構造のうえ更にらせん状をしており、網目状態を強固に保持し密着しますので、車の塗装面をしっかりとガードします。 

 極めたる超撥水・滑水性

超撥水

三次元化した基本骨格(3D構造)に撥水性を向上させるため、フッ素を添加することにより、更に撥水性・水滴の滑落性の高持続耐久性、水滴痕抑制、防汚性を向上することに成功しました。雨天走行でも撥水状態から滑り落ちる水の状態を眺めれば、運転も楽しくなることでしょう。
※完全硬化後の超撥水状況
(画像は平面テストピース施工後の場合です。)

 

超撥水

完全硬化後の接触角は101.6°となりますのできれいな球状となります。
(イメージ図)

超撥水・滑水性

流水と呼ぶには表現に乏しいぐらいの滑落性能です。

幾重にも重なる膜厚・艶

重厚でしっとりとした深みのある艶を与えます。
また重ね塗りをすることで更に膜厚と共に艶が増します。
 

膜厚・艶
膜厚・艶
膜厚・艶

 無溶剤(VOCフリー)へのこだわり

無溶剤へのこだわりは、
 ①環境影響を考慮し、人と地球にやさしいこと。
 ②できる限りの純粋なガラス質で覆い、キズや外的要因から車をガードすること。
 (VOCフリー=ガラス成分を希釈していない=ガラス成分含有量が多いということです。)
 人と地球にやさしいエコ製品造りを心掛けていますので安心です。

 

モデスタ

中距離黒
遠距離赤
近距離赤
モデスタ4
モデスタ5
モデスタ6

 

モデスタ カーボディコーティング

私たちは心からお客様のお車をきれいに保ちたいと考えています。
長い耐久年数をうたうコーティング剤のスペック通りに、お客様のお車を美しく保つためにはどうしたらよいか。これは常に念頭においていることです。
新ブランド「モデスタ」は、真の美しさをカーオーナー様にお届けするために、新しい商材とお客様とインタラクティブな関係を保つシステムを総合的に提案します。

真のカーケアをお客様にお伝えしたい

高耐久性で勝負する最近のガラスコーティング剤。
さまざまな液剤が乱立する中、実際は施工後のお客様のお手入れによって、塗装の状態は良くも悪くも変化するのが実情です。
耐久年数ばかりがお客様に伝わるなか、本当に愛車を美しく保つカーケアをお客様にご提案し、お客様に体験して頂きたいのです。

状況に合わせた最適な施工を

最近の新車は塗装の膜がひじょうに薄く硬くなっております。トップのクリヤー層は10ミクロン以下のものも存在します。
この塗膜に従来の研磨に頼る下地処理を必要以上に行ったらどうなるか、トップのクリヤー層を削り落とすことになります。
できるだけ塗装を残した下地処理が必要となるでしょう。特殊な材料によるキズ復元がキーポイントです。

下地樹脂コート剤

オリジナルの塗装をできるだけ残す。
削るだけの下地処理から埋めて復元する下地処理を行うために開発された特殊樹脂コート剤、塗装に近い組成の樹脂を使用して微細なキズを埋め、
そのままトップコートも可能な画期的商品です。

モデスタ

スペック1コーティング

強固で劣化の少ないガラス皮膜をベースにし、長期撥水性能を発揮するボディコーティング剤です。
光沢性に優れ、ボディ本来の輝きをアップさせます。反応硬化タイプです。

スペック2コーティング

強固で劣化の少ないガラス皮膜をベースにし、二酸化チタンを配合(特許出願中)し自浄効果を期待できる
ボディコーティング剤です。
施工した表面は水の接触角が低く水が切れるようになります。

 

バリアリスタ3

中距離赤B3
近距離白B3
中距離紺B3
バリアリスタ3_4
バリアリスタ3_5
バリアリスタ3_6

バリアリスタ3 カーボディコーティング

技術者が総力を挙げ集結した最高峰コーティングです。
Siガラス+(ナノダイヤモンド+光触媒含有)=バリアリスタ3は汚染物質、洗剤、洗車の量を減らします。

劣化とは無縁の高質、親水皮膜

高活性触媒、親水

半導体セラミックスの一種で、紫外線が当たるとその表面が強力な酸化力を発生させる素材のことを指し、表面に付着した汚れ(有機物)を一人で分解する
セルフクリーニング機能を有します。

高耐久・UVカット

炭素を爆破しナノ化したもので、含有させることで塗装やコーティング膜の強度を高め、UVカットの機能を併せ持ちます。

光沢ガラス

初期トラブルの出にくい皮膜になっており光沢の出るガラス膜で、上記2つの機能を利用した高硬度のガラス皮膜がダイヤモンドのような輝きを生み、
付着した汚れを自己分解、長期間愛車を守ることのできる3拍子そろった、バリアリスタ3の新技術です。

ウェルム

近距離黒W
中距離黒W
接写黒W
ウェルム4
ウェルム5
ウェルム6

Whelm 環境適合型超硬化シリカ被膜カーボディーコート

従来の有機溶剤系ボディコーティングの酸化劣化を防げない難点を克服した、完全無機高分子シリカ被膜を形成するガラスコーティングです。
高い耐久性により長期間お車に深い光沢を与え続けます。また他社製ガラスコーティングと比較してもシリカ成分の含有量が95%~98%と違いますので圧倒的な耐久性を誇ります。
ポリマー加工や珪素系フッソコーティングと比べて卓越した硬度と膜圧がありますので傷が付きにくく、いつまでも美しさを保ちます。

Whelmの特徴

ウェルム

一般的なガラスコートとの大きな違いを知ってください。

  • 圧倒的な耐久性
  • シリカ成分95%~98%
  • 深みのある光沢
  • 超撥水性
  • 環境適合型(無溶剤/VOCフリー)
  • 塗装面にマルチ対応
ウェルム

従来にはない流れるような超撥水を実現しました。
塗装面に水滴を残さずシリカスケールがつきにくい超撥水状態になります。

通常の塗装面から比較すると、しっとりと深みのある輝きで、艶が1ランクアップします。
圧倒的な艶と輝きでボディーをガードします。

 

エシュロン

中距離青
近距離青
遠距離青
エシュロン4
エシュロン5
エシュロン6

エシュロンガラス被膜コーティング

エシュロンガラスコーティングはガラス被膜が持つ独自の滑水、撥水、親水となる被膜特性と紫外線に対する耐候性のほか防錆・防蝕・耐塩水・耐薬品性などの
様々なメリットを十分に発揮するためにプロフェッショナルの施工店の手により皆様にご提供されています。

従来のワックスやポリマー樹脂等のコーティングは、有機物で劣化をするため、保護効果とともに汚れも同時に固着してしまいます。
ガラス被膜はその構造が根本から異なり、無機質で理論上劣化をしないため、保護効果の持続性に優れるとともに、
劣化による汚れの固着も発生しにくくなっています。

セイバーボディーコーティング

水掛け
近距離黒
遠距離黒
セイバーボディーコーティング4
セイバーボディーコーティング5
セイバーボディーコーティング6

仕上がりのみならずコーティングの性能を最大限持続させるため、日々試作を繰り返し誕生した【セイバーボディーコーティング】。

コーティングの需要が高まるにつれ、コーティング施工後の「水ジミ」に不満を感じるお客様も多くなりつつあります。

コーティングを施工するものとして、より自信を持ってお勧めできるコーティングを追求したい。。。

そういった想いから、【セイバーボディーコーティング】を製作しました。

従来のガラスコーティング後に【セイバーボディーコーティング】をご使用いただくことで、施工者様にも、お客様にも『費用対効果』のあるコーティングを
実感して頂けます。

ページ上部へ