ホーム>ウィンドフィルム

ウィンドフィルム

サンシールド

サンシールドについて

ピュアでは、色付きフィルム以外で同じ効果を持つ透明断熱フィルム「サンシールド・スーパーサンシールド・ウルトラサンシールド」の3種のフィルムを取り扱っております。
このフィルムは無色透明なので運転席・助手席にも貼ることができ、車検の時でも大丈夫です。

体にやさしいエコロジーフィルム

皮膚の弱い赤ちゃんや日焼けしたくない女性の方は勿論、エアコンのききが良く燃費も良くなりまさに21世紀の高性能フィルムといえます。

透明断熱フィルム『サンシールド』の効果

近赤外線20%以上カット

刺激的な熱線である近赤外線を大幅にカットすることでお肌にとってもやさしい優れものです。

紫外線99%以上カット

シミ・シワ・ソバカスをつくる紫外線をカットすることにより、肌の弱い赤ちゃんや女性の皮膚を安全に守ります。

透明だから車検対応

道路運送車両の保安基準によって自動車ガラスの前面・運転者側面・助手席側面ガラスは可視光線の70%以上の透明が必要と定められているので、
色付きフィルムを貼ることが出来ません。
でも「サンシールド」なら大丈夫、透明なのでどこにでも貼ることが出来ます。

飛散防止効果あり

割れたガラスの破片により年間約100名以上もの人が失明しています。
しかしフィルムを貼ることによって飛び散るのが減少され安全性が高まります。

車上狙い対策にも

車上狙いは運転席のサイドガラスを割って貴重品を盗んでいきます。しかしカーフィルムを貼っておけばなかなか割れにくいので、
諦めて他の車にターゲットを変える可能性が高くなります。
勿論割ろうと思えば割れるのであくまでも対策の一つとしてお考え下さい。

クールランニング

クールランニングカーフィルム

クールランニングカーフィルムは先進技術の特殊工法によって生み出されたハイクオリティなカーフィルムです。その高い機能性と優れた施工性能は、
従来品と比較しましても、飛躍的なパフォーマンスを発揮します。用途に合わせてお選び頂き、充実したカーライフをお過ごしください。

クールランニングの特性・特徴

優れた透明性とプライバシー保護の両立

車内のクリアな視界はそのままに、外からの視界をカット。

傷に強いハードコート

高い磨耗耐性を誇るハードコートでフィルムの傷付きを低減。

紫外線カット

人体・車内インテリアに有害な紫外線(UV)を99%以上カット。

飛散防止効果

ガラスが割れた際、高耐久フィルムと特殊粘着剤が飛散防止効果を発揮。

省エネ効果

優れた断熱効果で夏の太陽熱を遮り、冬は車内の熱が窓から逃げるのを防止。

高級感を演出

透明断熱(反射)タイプは、その高い断熱性能は勿論のこと、独特な色合いが高級感を演出。

抜群の耐候性能

原料着色タイプは、施工・経年による退色に強く、深みのある色合いを長く保ちます。

紫外線について

紫外線のまめ知識

紫外線は一般的に2つに分かれます。1つは生活紫外線、強い作用をおこさないかわりに肌の奥まで届きます。窓ガラスや雲を通すのでじわじわと肌にダメージを与え、主にシワ・たるみなど「肌の老化」を引き起こす原因になます。
もう1つはレジャー紫外線、屋外での日焼けの主の原因です。肌の表面に強く作用したくさん浴びると赤く炎症を起します。
主にシミ・シワ・ソバカス乾燥の原因にもなります。

紫外線はからだの健康にダメージをあたえます

◆健康におよぼす影響◆

  • 免疫機能低下
    体調を崩したり風邪を引くなどで健康を損ねます。
  • 肌の老化
    シミ・シワ・ソバカス・たるみなどの原因になります。
  • 白内障になる可能性
    眼の中の水晶体という部分が濁って視力が低下する病気。

このように人のからだに及ぼす影響のある紫外線をカットするために普段から十分に注意する必要があります。

季節 冬より夏の紫外線量が多い
6月~9月(7.8月がピーク)
時刻 午前10時~午後2時が多い(正午頃がピーク)
夏の朝8時半頃が冬の真昼なみ
天候 快晴100・曇り50~80・雨20~30
紫外線のはねかえり アスファルト20%水面20%芝・土10%以下雪80%
標高 1000m上がるごとに6~10%増える

 

ページ上部へ